【下品注意】乱暴運転をする輩に遭遇してもイライラせずに済む方法!

日常

ごきげんよう、運転中はユーロビートをよく聴いているまさきちです。

運転していると、ほかの車から乱暴な運転をされて腹立たしい思いをすることがありますよね。

今回は、そんなときでもイライラしないで済む方法を紹介します。

自分勝手な輩どもの乱暴な運転

運転中に無理な割り込みをされたり後ろから煽られたりすると、日ごろ温厚な人でも頭にくるものです。

「車間の狭さは心の狭さ、車高の低さは知能の低さ」とも言いますが、笑っていられない状況のときもあります。

強引に割り込んできて、ハザードランプを点滅させときゃいいだろ、といった感じの運転者も増えました。

僕は人間が出来ていないので、「ハザードつけりゃよかってもんでもなかやろが」と悪態の一つもつきますが、でもまだハザードランプを点滅させるだけマシな場合もあります。

「きみほんとに免許持っとるんか?」と疑いたくなるくらい、交通の流れを無視した自分勝手な運転をする輩(やから)がいますからね。

直接の被害はなくても、そういう運転を目にしただけでもイライラしてきたりします。

イライラして運転に集中できなくなると、事故を起こす可能性が高くなりますからね。

冗談ではないですよね。

アホな輩のせいで交通事故の加害者になるなんて、こんな理不尽なことはありません。

「うんこもらしそうで焦っている」に変換

僕はそういう状況に遭遇したとき、少々下品ですが、「うんこをもらしそうだから焦って家に帰っているんだな」と思うようにしています。

そう思うと、ウィンカーも出さずに車線変更したり、車間も空けずに前の車を煽ったり、些細なことでクラクションを鳴らしたりしている輩の姿がすごく滑稽(こっけい)に見えてきます。

輩の自分勝手な運転を「うんこをもらしそうで焦ってる姿」に変換させると、イライラするどころか笑えてきますよ。

そのように脳内変換するだけで、いつものように落ち着いて運転できるのでお勧めです。

嫁さんといるときはさらに下品です。

僕がいつものように「あの車、うんこもらしそうなんやな」と言うと、嫁さんが「すでにもらしてんじゃね?」と言って、二人で大笑いしています。

下品な夫婦で申し訳ありませんが、運転手がイライラしないで済むので車内はずっと平和です。

最近問題になった悪質なあおり運転にはまた違う対応が必要でしょうが、たまに見かける横着な運転には、以上の脳内変換で十分に対応可能かと思います。

機会があれば、一度お試しください。

以上、「【下品注意】乱暴運転をする輩に遭遇してもイライラせずに済む方法!」でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

日常
WEBまさ

コメント