電動レターオープナーは指が不自由でも簡単に封筒を開けられるよ!

電動レターオープナー日常

ごきげんよう、まさきちです。

C6の頚損です。

指が不自由なのでハサミが使えません。

まあ、がんばれば使えなくもありませんが、実用的ではありません。

なので、使う回数の多い封筒などは、電動レターオープナーで開けています。

今回は、指が不自由でも簡単に封筒を開けられる、電動レターオープナーを紹介します。

電動レターオープナーの特徴

僕が使っているのは、プラス(PLUS)というメーカーのレターオープナーです。

色は黒で、製品型番は「OL-001」です。

見た目すっきりのコンパクトサイズなので、置き場所に困らないところが最も気に入っています。

幅70ミリ、奥行69ミリ、高さ38ミリで、手の平に乗る大きさです。

重さは150グラムということで、小さいだけあって軽いです。

表面がなめらかなので、慎重に持たないと落としてしまいます。

僕は以前、落として壊してしまったことがあります。

いつもテーブルの端っこに置いていたんですけど、パソコンデスクの上で作業しようとして、持ち損ねてガシャーン!ですよ。

「悲しいときー!指が不自由でツルツルした表面のレターオープナーを落としたときー!」と、心の中で叫びながら、また使えるか恐る恐る試してみましたが、残念なことにもう動きませんでした。

乾電池は、単三乾電池を2個使います。

アルカリ電池を入れたら1500回も開けられるそうです。

僕もアルカリ電池を入れているので、けっこう長持ちしていると思います。

電池がへってくるとパワーも落ちるので、電池切れには気をつけています。

電動レターオープナーの使い方

僕は電動レターオープナーをテーブルの上に置いて、左側の切り口から封筒を差し込んでいます。

ある程度まで封筒を差し込むと電源が入って、回転刃が封筒をスライドさせながら、封を切ってくれます。

あっと言う間に封が切られていくので、けっこう気持ちが良いですよ。

「ガーッ!」とモーター音はそれなりにしますが、気になるほどではありません。

封が切られて封筒が右側に全部行くと、電源は勝手に切れます。

僕は途中で封筒が外れないように、手を軽くそえています。

普通サイズの封筒なら、外れることなく最後まで送ってくれますが、A4くらいの大きい封筒だと、途中で外れてしまうことがあるんですよね。

小ワザ的使い方

ちょっとした小ワザで、ハサミ代わりに使うときがあります。

たとえば、A4のコピー用紙を半分のサイズにしたいときなどです。

用紙を半分に折って、背になった方を電動レターオープナーに差し込みます。

すると、画像のように、ほぼA5サイズの紙が2枚と切り屑が1本できます。

少々手間はかかりますが、きれいにまっすぐ切りたいけど、ハサミもカッターナイフもないというときなどに便利ですよ。

電動レターオープナーの長所

長所は、やはり開封作業の早さと簡単さでしょうか。

僕みたいに指が不自由な人でも、きれいに早く開封できるのはすばらしいと思います。

指が入らないほどの狭い溝に回転刃が付いているので、小さい子供や高齢者でも安全に使えるところも良いと思います。

電動で力を必要しないので、たくさんの封筒を楽々と開けることができ、作業の効率化が図れます。

価格も手頃ですし、コストパフォーマンスは優れていると思います。

電動レターオープナーの短所

パワー不足は否めない

短所は、ちょっとパワーが足りないところですかね。

少々厚みがある封筒を差し込むと、回転刃に紙が噛んで動かなくなるときがあります。

防水のため内側にビニールが貼ってある封筒も噛みやすいようです。

ですが、普通の大きさの封筒は問題なく切れているので、そんなに不便は感じていません。

切り屑が3ミリ出る

封筒の端から3ミリの位置で切断するので、切り屑が3ミリほど出ます。

その切り屑が回転刃付近に絡まるときがあります。

次の封筒を通したら、絡まった切り屑がうまく取れるときもありますが、取れないときは細い棒などでほじくり出しています。

封筒と内容物がほぼ同じサイズのときは、気をつけないと内容物の端っこを切ってしまいます。

僕は以前、ほんのちょっぴり切ってしまったことがあります。

差し込む前に封筒をトントンと片寄せしていたんですけどね。

電池交換が少々面倒

電池交換はちょっと面倒です。

健常者でも手間取るレベルなので、指が不自由な人は難しいでしょう。

僕も無理でした。

アマゾンのレビューでは、電池交換の難しさのせいで多くの低評価がついているほどです。

ですが、それほど器用ではない嫁さんでも何とか交換できるので、そこまで難しくもないだろうとは思います。

画像にあるような硬くて細い棒状の物で、大きくて邪魔なバネを押さえながら乾電池を入れると、うまくセットできますよ。

せっかくの良い製品なのに、電池交換が難しいせいで、悪い印象を与えているのはもったいないなと思います。

まとめ:電動レターオープナーは指が不自由でも簡単に封筒を開けられるよ!

今回、紹介した電動レターオープナーはいかがでしたか?

今まで苦労して開封していた人や、開封をあきらめていた人も、電動レターオープナーがあれば、簡単に開封できると思います。

僕は、今使っている電動レターオープナーに大きな不満はありません。

今後、もっと性能の良さそうな製品が出たら、検討してみようと思います。

以上、「電動レターオープナーは指が不自由でも簡単に封筒を開けられるよ!」でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

日常
WEBまさ

コメント