運転免許証を自主返納後!誰も乗らない不要な車を高く売る方法!

ニュース

運転免許証を自主返納したあと、それまで運転していた車はどうされますか?

どなたかがその車を乗り継ぐ予定があるなら、この記事はもう閉じてくださってけっこうです。

もし誰も運転する人がいないなら、いっそのこと売ってしまいましょう。

それもできるだけ高い値段で。

いきなり「できるだけ高い値段で車を売る」といわれても、どこでどうやればいいのかわかりませんよね。

車の売り方としては、ディーラーの下取り、買い取り業者へ売却、オークションで売却など、いくつかの方法があります。

ディーラーの下取りは最も手っ取り早いですが、買い取り金額も最も低くなります。

買い取り業者やオークションの売却では高い値段がつく場合がありますが、やはりそれなりの手間がかかります。

できるだけ高く売りたいけど、手間はかけたくない。

できることならそれが一番ですよね。

しかしそんなうまい話があるでしょうか。

あります、それが「車一括査定」です。

「車一括査定」は、「複数の買い取り業者が自動車を一括で査定してくれて比較できるインターネットサービス」です。

自分であちこちの買い取り業者に電話して査定を依頼する必要がありません。

売りたい車の必要な情報をインターネットで入力して送信するだけです。

手もとに走行距離や車検時期などの入力する情報を用意しておけば、ほんの1~2分で申し込めてしまいます。

すぐに買い取り業者から連絡があるので、査定額に納得したら車を売却するだけです。

では、どの「車一括査定」がいいでしょうか。

インターネットで「車一括査定」を検索すると、たくさんのサイトが表示されます。

お勧めは、最近テレビでもCMをよく見かける「カーセンサー」です。

「カーセンサー」の「車一括査定」は、提携業者数が1000件以上と圧倒的に多いのが特徴であり、強みでもあります。

ほかの「車一括査定」は、提携業者数が数十社から数百社ほどとなっています。

そして「カーセンサー」は、ガリバー、ビッグモーター、ラビット、T-UPなど、大手の買い取り業者とも提携しています。

提携している大手を含む買い取り業者の数が多ければ、それだけ自分に合った買い取り業者を探しやすくなり、納得の値段で売却しやすくなります。

誰も乗らない車があれば、「車一括査定」を一度試してみてはいかがでしょうか。

コメント